zline(外部変形)

 平面詳細図の中でタイル割を補助線で描くときや、耐震補強のスパイラル筋、足場平面図を描くときなどに利用できます

ダウンロードした【zline.lzh】を解凍します。【zline.bat】、【zline.exe】、【zline説明.txt】のファイルが出来ます。これらのファイルを、任意のフォルダ(名前の中に空白を含まない)に移動します。jwwを起動し、「外部変形」で【zline.bat】を指定します。メッセージに従い、始点と終点を指示します。【zline.exe】に処理が移り、下記の画面になります。

 上記の画面で、作図したい線にチェックをいれ、縦横の寸法などを入力し、実行します。

【概要説明】

1、

線の指示により、丸、三角、□、×、菱形等及び、その複数を組合わせた図形を連続作図します。

2、

作図属性は、書込みレイヤー、書込み線種になっています。作図の際に、適切なレイヤー、書込み線種を選択してください。

3、

均等変形は、(基準点と方向点の距離)/巾の端数を四捨五入した回数で均等に割付を行います。

4、

copyは、基準点から方向点に向かって指定数だけ作図します。

5、

上記二つの指定がない場合は、方向点に向かって作図します。この場合、(基準点と方向点の距離)/巾の端数を切上げした回数分作図します。