sleeve_in

 ダウンロードした【sleeve_in.lzh】を解凍します。【sleeve_in.exe】、【sleeve_in.bat】、【sleeve_in_int.dat】、【sleeve_in_int.$at】のファイルが出来ます。これらのファイルを、任意のフォルダ(名前の中に空白を含まない)に移動します。
jwwを起動し、外部変形より【
sleeve_in.bat】を実行します。

【概要説明】

本ソフトでは、下記のフォーマットで新規書込み、編集を行います。

|Aスリーブ径:50,75,90,100,125,150,175,200,250
|| B区切り文字:「x」
|| |Cスリーブ長さ
|| ||D管種:「(」に続き、SP,R,D,水,通,湯,OA,EA,空,任意に追加した
|| |||   記号。最後に「)」。
|| ||| E基準レベル表記:「FL+」(2Gの場合は、1Fというぐわい
|| ||| |         その下階の基準ライン。
|| ||| | F下階の基準ラインから、スリーブ芯までの鉛直距離。
|| ||| | |  G「(」に続き、上階の基準ラインからスリーブ芯
|| ||| | |  | までの鉛直距離。最後に「)」。
↓↓ ↓↓↓ ↓ ↓  ↓
φ100x295(SP)FL+3200芯(-400)

1、 1

新規の場合
スリーブを記入する部分を画面上で指示をします。

2、

メニューが出ますので、管径、管種、色、階高、梁メンバーなどを入力します。

3、

上記入力後、ERROR欄に何もメッセージが出ていなければ、構造的にスリーブを入れてもいい位置を満足していることになります。メッセージが出ている場合、記入することは出来ません。
この判断は、下記によっています。
梁せい:D  梁断面の上限、下限からスリーブ側面までの距離:d
500≦D<700   d≧175
700≦D<900   d≧200
900≦              d≧250

2、 1

編集の場合
編集するスリーブ表記の文字列(例「φ100x295(SP)FL+3200芯(-400)」)を選択します。

2、

上記のフォーマットに合致する場合は、各要素がメニュー画面にセットされます。

3、

管種を編集する場合は、下記によります。

1、

管種の入力欄で"("に続いて記号を入力し、最後に")"で閉じ、最後にENTERキーを押すと新規の項目が追加されます。また、削除をする場合は、削除したい項目を表示させたままで「SHIFT」+「DELETE」を押すと、削除されます。

2、

上記で編集した項目は、新規、編集の処理が正常に完了した場合に設定ファイルに保存され、次回起動時に読込まれます。