Lay_pickup

ダウンロードした【lay_pickup.lzh】を解凍します。【lay_pickup.exe】、【lay_pickup.説明】のファイルが出来ます。これらのファイルを、任意のフォルダ(名前の中に空白を含まない)に移動します。
lay_pickup.exe】を実行します。

【概要説明】

1、

既存の複数のjwwファイルより、本ソフトで指定するグループレイヤ、レイヤに存在する要素を取得し、新しいファイルを作成します。新しいファイルを作成するときに、レイヤー別に、オフセット(移動)、回転させることが出来ます。対象となるのは、ver3.51以降のデータ構造のものです。

2、

lay_pickup.exeを起動し、作成するファイル名、図面サイズ、縮尺などを指定し、抽出したいファイルのグループレイヤ、レイヤを指定します。この際、指定する縮尺と抽出するグループレイヤ、レイヤの縮尺を同じにする必要があります。同じにしなくても実行できますが、作成されたデータは縮尺の合わない図面になります。寸法図形については、縮尺が異なる場合に寸法図形を解除して抽出を行います。また、回転角度、オフセットの指定を行うと、抽出した要素を回転、オフセットしてファイルを作成します。順番は、回転してオフセットします。

3、

抽出するファイルの情報(ファイル名や、どのファイルのどのレイヤからどのレイヤに抽出するか等)のファイル(プロジェクトファイル)を作成しておくと、次回からプロジェクトファイルを読込むことで同じ設定が再現できます。また、複数のプロジェクトファイルを連続して実行することが出来ます。

4、

本ソフトの実行速度は、速くありません。扱うデータ量が多いと、暴走していると勘違うほど画面の変化が少ないです。気長に待ってください。

5、 ブロック図形に対応できていません。