柱断面配筋図作成(外部変形)

ダウンロードした【cbr.lzh】を解凍します。【cbr.bat】、【cbr.exe】、【cbr.dat】、【 柱断面配筋図Help.chm】、【sample.xlsx】のファイルが出来ます。これらのファイルを、任意のフォルダ(名前の中に空白を含まない)に移動します。jwwを起動し、「外部変形」で【cbr.bat】を指定します。メッセージに従い、指示します。

cbr.exe】に処理が移り、下記の画面になります。

 作図基点を指示します。

 ライセンス認証が済んでいない場合にこの画面が出ます。フリーの機能を利用するだけであれば、「いいえ」を選択して進みます。

 上記の画面で、各値を入力し実行します。

(実行結果)

■ライセンス購入すると利用できる機能を下記に説明します。
 ■「柱リストをクリップボードから受け取る」
 sample.xlsxを参考に柱筋一覧を作成しておきます。

 「梁リストをクリップボードから受け取る」を実行すると下記の画面が出ます。

 柱符号に先に取込んだ一覧が入力され柱符号を切り替えると、その柱符号に対する配筋データが入力されます。
 ■入力履歴の保存
  物件フォルダに入力し作図した場合に、その履歴が保存されます。この履歴を起動時に読み込み利用できるようになります。

 ■「複数の柱配筋図を作成」

 複数の柱配筋図が横方向に連続して作図できます。

 ■「ST-Bridge形式のファイルからRC梁データを取得
 ST-Bridgeとは、日本国内の建築構造分野での情報交換のための標準フォーマットで、構造計算ソフト、BIMソフト、積算ソフトとの連携ができるものです。